平成20年3月制定
刈共株式会社
コンプライアンス基本方針
 1 法令、社会規範の遵守
(1)  当社は、法令の趣旨を理解のうえ、これを遵守することを基本として事業運営を進めます。また、地域・社会からの信頼を確立し維持するため、社会規範に従い公正かつ誠実な事業活動を行います。
(2)  当社社員は、職務の遂行にあたり、法令のみならず就業規則その他の社内規程を遵守します。また、高い倫理意識を持ち、常に常識と良識をもって行動します。
(3)  当社及び当社社員は、交通平和の精神に則り、道路交通法規を遵守するとともに交通道徳を涵養し、正しい交通ルールとマナーを実践することにより交通安全に努めてまいります。
2 高品質な商品・サービスの提供
(1)  当社は、お客様に常に誠実な対応をもって接するとともに、不断の企業努力を重ね、高品質な商品・サービスの提供に努めてまいります。また、お客様のご意見やご要望を真摯に受け止め事業の改善・改革に活かしてまいります。
3 安全・安心の確保
(1)  当社は、商品・サービスの提供にあたっては、お客様や社員並びに関係者様の安全の確保を最優先に考えます。安全を犠牲にした事業活動は一切行いません。
(2)  当社は、お客様や取引企業様に関する情報を収集した場合は、厳重にこれを管理し、定められた正当な方法・目的以外には利用しません。その他、業務上知り得た秘密情報は、第三者に開示・漏洩したり、不正な目的に利用したりしません。
4 公正な企業活動
(1)  当社は、商品・サービスの提供にあたっては、商法や独占禁止法などの関係法規を遵守するとともに社会倫理に従い、公正かつ透明な営業活動を行います。
(2)  当社は、すべてのお客様や取引企業様に対して公正かつ平等な関係を維持します。特定のお客様や取引企業様に対して、社会の一般通念に照らし公正と認められないような利益の供与または不利益な取扱いは行いません。
(3)  当社は、政治・行政に対して癒着や利益供与があるなどの誤解を招かれないよう、常に透明で健全な関係を保ちます。
(4)  当社は、公務員またはこれに準ずる立場の者に対して不正に金品その他の利益を供与しません。そのほか、お客様や取引企業様などと接待・贈答品を享受する場合は、社会の一般常識の範囲を超えては行いません。
5 快適な職場環境の整備
(1)  当社及び当社社員は、健全な企業活動を支える基盤として、職場における安全衛生の向上、その他の快適な職場環境づくりとその定着に相互に協力して取り組みます。
(2)  当社社員は、職場において差別につながるような一切の不合理な言動は行いません。そのほか、職務上の地位を利用した嫌がらせや、性的な嫌がらせは行いません。また、当社は、社員その他によるこのような行為を許しません。
6 会社の財産の保全
(1)  当社は、法令、社内規程などの定められたルールに基づき、会計処理を適正に行います。架空または虚偽の計上をしたり、簿外に資産を形成したりするような行為は行いません。
(2)  当社社員は、当社の固定資産等の有形資産から知的財産権その他の無形資産まで、その種類を問わず、適切な維持確保に努めます。また、自己の利益を図るためその他不正な目的でこれを利用しません。
(3)  当社社員は当社の秘密情報を適切に管理し、無断で第三者に開示・漏洩したり、自己の利益を図るためその他不正な目的でこれを利用したりしません。また、退職した後も同様とします。